アクティブノイズキャンリング

「アクティブノイズコントロール(ANC)」、「アクティブノイズキャンセリング」、「アクティブノイズリダクション(ANR)」、これらはすべて、不要な音を低減させる為に特別に作られた音を追加する方法です。

QuietOnの性能

アクティブノイズキャンセル技術を搭載したQuietOnは、低周波騒音がある環境で大きな違いを感じていただけます。低周波騒音とは、飛行機のエンジン音、建設現場からの騒音、周囲から聞こえてくるバックグランド騒音のようなものです。これらの低周波騒音では、最大40dB低減します。例えば、QuietOnを装着することで、飛行機のキャビン内の騒音がかすかなハミングのように聞こえてきます。QuietOnイヤープラグは、絶え間なくなり続けている周囲の騒音でストレスを感じていた環境を改善します。中間及び高周波エリアにおいては、通常の耳栓と同じように耳穴を塞ぐことで騒音をブロックします。

減衰性能

QuietOnフォームイヤーチップ(アクティブ)
周波数(Hz) 63 125 250 500 1000 2000 4000 8000
平均減衰量 (dB) 42 42 36 29 25 30 34 43

EN認証, 89/686EEC / PZT GmbH / An der Junkerei 48, D – 26389 Wilhelmshaven, Germany. Notified Body no. ‘1974’.

どのような仕組みなのか?

アクティブノイズキャンセルは、マイクを使って音(ノイズ)を取り込み、スピーカーを使って取り込んだ音を打ち消す逆位相の音を作り出します。QuietOnは、ノイズを取り込むマイクが外耳道のすぐ内側になる様に設計されています。これは、QuietOnが耳の鼓膜近くで、ノイズキャンセルとなる逆位相の音を正確に発生できることを意味します。

音の周波数、デシベルについて、知っていますか?

音の周波数は、空気圧の周期振動として特徴付けられます。 それは毎秒の振動として測定され、その単位はヘルツ(Hz)です。 周波数は、間隔(ピッチ)を決定づけるプロパティです。各個人が聞こえる周波数の範囲は、年齢、聴力損失および音の大きさの影響を大きく受けますが、人間は、一般的に20〜20,000Hzの周波数を聞くことがでるといわれています。

音圧レベル(SPL)は、1000Hzでの、人間の聴覚の値である20マイクロパスカルの基準に対する音の圧力の対数尺度です。 これは0dBのSPLとして定義されます。SPLが10dB増加するたびに、音量が2倍になると考えられます。

可聴音域全体でのQuietOnのアクティブノイズキャンセル機能の効果

QuietOnは、可聴音域全体の騒音を低減するのに最適で、特に低周波騒音に効果的です。

Pin It on Pinterest